肌の乾燥の対策とは?

美容関連情報

おすすめのセランみ度配合の化粧品はこちら


小林製薬ヒフミドトライアルセット!送料無料


肌の乾燥の原因と対策

肌が乾燥するとカサカサしたり、粉がふいて化粧のりが悪くなったりして、ほんとうに困ってしまいますよね。気温が下がって冬になると、普段はなんとも無い方でも、肌が乾燥して困っている人が多くなります。

 

私達のお肌は乾燥しないようにできている

 

人間の肌は気温が下がっても、本来なら乾かないようにできています。なぜなら、体の中の水分をしっかりと保持する保湿成分がお肌にあるからです。砂漠で生活しても、肌の水分がなくなることが無いのは、この保湿成分が、お肌の水分をしっかりとキープしているからです。

 

肝心のこの保湿成分ですが、年齢とともにだんだん少なくなっていきます。だから、年齢を重ねていくと、お肌の潤いが失われていきます。若い頃はピチピチのお肌だったのに、いつの間にかしわしわのお肌になっていきます。赤ん坊のプルンプルンしたあのお肌は、もう取り戻すことはできません。

 

お肌の乾燥対策 ヒフミドトライアルセット 

 

間違った乾燥肌対策をしていませんか?

 

お肌の水分が少なくなってきたのなら、お肌の乾燥対策には、水分を補給すれば良いのでは?

 

そして補った水分を油分を塗ってしっかりとキープすれば良いのでは?

 

そう思う方も多いと思います。昔のスキンケアは、このような考えで行われていました。化粧水でタップリとお肌に水分を補給して、クリームで蒸発しないように蓋をしていたのです。でも、いくら水分を補給しても、保湿効果は期待できません。

 

水分を補給するだけでお肌が潤うのであれば、お風呂に毎日入れば良いことになります。でも、お肌がかさかさになることはあっても、潤うことはありませんよね。

 

ただしい乾燥肌対策

 

お肌の乾燥肌対策は、水分を補給するのではなく、水分をしっかりとキープするお肌を作り出すことが必要です。

 

お肌の乾燥対策には、保湿成分を補う以外に方法はありません。保湿成分とは、ヒアルロン酸やセラミドなどです。細胞の間で水分をしっかりとキープしれくれます。

 

保湿成分が必要なら、サプリや食品で補えば良いのでは?

 

でも、せっかく取り入れても、保湿成分は吸収されるときに分解されます。人間の体の中で保湿成分が合成される量はその人によって決まるために、どんなに保湿成分の材料を体に取り入れても、なかなか保湿成分はそれ以上増えることは難しいのです。

 

だから、肌に保湿成分を直接補うことが必要になります。そのためには、保湿成分が配合されている化粧品で不足している保湿成分を補う必要があるのです。保湿効果があるセラミドが配合されている化粧品でしっかりスキンケアをすることが大切です。

 

詳細はこちら【小林製薬】ヒフミドトライアルセット

 

小林製薬ヒフミドトライアルセット!送料無料

セラミド配合の化粧品にはいろいろあります。美容液や保湿クリーム、化粧水などなど。セラミドの効果は良く知られていますが、どのようにセラミドを補給すればよいのでしょうか。サプリや食品ではセラミドは補給することが難しいのが現実です。なぜなら食品で取り込んでも体の中で分解され再びセラミドに合成するとき、合成できる量が決まっているからです。材料をいくら補給しても合成できなければ意味がありません。だからセラミドを直接補給することが必要になります。小林製薬のヒフミドや米ぬかのセラミドを原料にしたセラクレア、DHCや花王、ファンケル、資生堂、オルビス、富士フィルムの化粧品などいろいろな製品が出ています。セラミドにはセラミド1、セラミド2、セラミド3などの種類があって同じセラミド配合の化粧品でも種類や濃度に注意する必要があります。天然セラミドやヒトセラミドなどとして商品を宣伝しているものもありますね。最近、皮膚科の医師の吉木伸子さんがセラミドの必要性を説明しているのでだいぶ認知されるようになって来ました。そのためかセラミドの口コミの評判を当てにして、ナノセラミド構造だとかいろいろな化粧品が登場していますね。セラミドにはスキンケアに無くてはならないものとなりつつあります。セラミドを配合成分としている化粧品がいろいろ販売されていますが、どれを選んでよいのか迷いますよね。セラミドの原液や馬湯などいろいろです。皆さんはセラミド配合化粧品の中から実際に効果があるものを選んでくださいね。副作用がある偽物は決して手にしないように!
| yahoo | google |

肌の乾燥の原因と対策エントリー一覧

乾燥対策の前に!肌の乾燥の原因は何?
肌が潤っているとよく言いますが、それはどんな状態のことなのでしょうか?健康な肌ならば、角質層に約30%の水分が含まれているといわれます。この角質層に含まれている水分の量が、30%以下になった状態が乾燥肌です。空気が乾燥する冬になると、お肌が乾燥してきます。でも不思議なことに、からからに乾いた砂漠でも、人の肌の水分はまったくなくなることはありません。人間の肌には水分をしっかりキープするしくみがあるから、お肌の水分がなくなることはないのです。お肌の水分をしっかりキープする構造とは、お肌に蓄えられてい...